オメガ時計のオーバーホール【性能維持で快適ライフ実現】

値段が高い

銀色の腕時計

ロレックスのオーバーホールは基本的にお高めなお値段となっています。それはなぜかというと、時計をいったん分解し、部品の状態を不具合がないか確認し、ダメな部品の交換し、組み立てるという複雑で時間のかかる作業だからです。それでは全国7か所にあるロレックスの正規代理店である日本ロレックスにおけるオーバーホールの価格を紹介したいと思います。ここでロレックスのオーバーホールを行った場合、基本的には4万円に少し上乗せした額が相場と言えるでしょう。これの例外であるのがオイスターのDAY-DATEシリーズとオイスタープロフェッショナルのCOSMOGRAPH DAYTONAです。修理の相場としてはそれぞれ55,000円、6万円といったところでしょう。

オーバーホールとは、機械式腕時計を分解して時計の定期点検を行うことです。オーバーホールでは点検だけでなく、時計の修理や中の清掃も行います。時計の調子がいいからと言ってそのままにしておくと、時計の部品の劣化が進み、時計自体の寿命を縮めてしまうので、オーバーホールは時計が高額になればなるほど、大切なものであればあるほど重要です。オーバーホールにおいて、とても重要な作業であるのが、時計の中の古い油を除去し、新しい油を注ぐ作業です。時計内部の油はどうしても汚れたり、揮発したりしてしまい、そのまま年月を経るとパーツが摩耗してしまいますので時計の内部の油の交換作業はとても重要です。また、この一連の作業を怠ると、最悪パーツ交換となってしまいますが、そうなった場合、オーバーホールの倍以上の費用が掛かってしまう場合もありますので定期点検は忘れずに行いましょう。